モノ

G-SHOCKスピードモデル(DW-5600E)使用感レビュー(おまけあり)

2020年7月24日

スポンサーリンク

  1. HOME >
  2. モノ >

G-SHOCKスピードモデル(DW-5600E)使用感レビュー(おまけあり)

2020年7月24日

CASIOの腕時計G-SHOCKといえば現場仕事やアウトドア、海水浴まであらゆるハードな環境下でも耐えられる頑丈さが代名詞の腕時計。

おまけに着用シーン別モデル、時代別モデル、多数のコラボレーションモデル等々圧倒的なバリエーションの豊富さゆえ世界的に最も支持されている時計の一つです。

今回はその中でも特に人気を得ている映画『Speed』でキアヌ・リーブスが着用したDW-5600シリーズをご紹介いたします。

スピードモデルを買いに

以前僕はG-SHOCKを買いに行ってこんなことがありました。

お店にて…

店員さん!G-SHOCKのスピードモデルください!

はい!ただいま探してまいりますので、少々お待ちくださいませ!

~10分後…~

…お客様こちらの商品でよろしかったでしょうか。

ありがとうございます!…ってこれ、よく見たら似てるけど欲しかったものと違う…!

これはどういうことなのでしょうか。私にとってのG-SHOCKのスピードモデルと、店員さんにとってのそれが全く別物だったわけでもなさそう。

でも似ているけど淵の色とかディティール、細かいところが違う。

作られた年代によって違うとか、製造されている国によっても変わることはありそうだ。

これは完全に自分の知識不足だったと反省し、一度自宅に帰って自分で調べてみることに。

そこで私はG-SHOCKのスピードモデルというものについてたくさんの新たな知識を得たのでした。

スピードモデルとは

実はこのスピードモデルというものは2種類あり、さらにそこから派生した類似モデルを加えたら10種類近くもありました。

DW-5600スピードモデルは赤丸の2本。他は全部違う。

そしてそもそもこの時計、DW-5600が正式名称。この「スピードモデル」はファンが付けた非公式の名称なんです。

さらに大切な豆知識として、実際にキアヌ・リーブスが劇中で着用したモデル、正しくは『DW-5600C-1V』とのこと。※Wikipedia調べ

これは店員さんにめちゃくちゃな注文をしてしまった私が悪い。あの時の店員さんすいませんでした。

DW-5600Eの購入方法

私は出来るだけ安くお得に買おうと実店舗以外にもAmazon、楽天、Yahooなど様々なところでこのモデルを探しました。

その結果一番安かったのはAmazonだったのでそこで買いました。

商品の箱はこんな感じ。ちょっとずっしり。

紙箱の中にも金属製のケースが入ってました。

フタの中身はこちら。

実際に着けてみた。

この写真を見て気づかれた方もいらっしゃるかもしれないので正直に申し上げる。

実はこの時計5年前に買ったものなのだ。毎日のように付けていたのでよく見たら傷がたくさん付いているのがわかるだろう。

なんか如何にも到着直後の商品レビューです!みたいに紹介してみなさんを騙してしまったみたいで本当に申し訳ない。

ついでに5年の間スノボや海釣り、海水浴等酷使してきたこの時計の状態もお伝えします。

時計の裏側。

半年くらい洗ってないのでモザイク処理が必要かもしれないが、、、

さすがに風防ガラスと金属部、樹脂部それぞれに細かなこすり傷が見られる。

ただ、他社製品などでもよく聞く樹脂部の亀裂などの破損は今のところ見られない。

本当に丈夫で壊れる様子は今のところ全くない

今となっては片時も手放せない、本当に素晴らしい時計である。

【おまけ】海外輸入ルートでも買ってみた編

軽くて本当に丈夫で正確に時間を刻むいい時計だと思ったので、他の入手ルートも探してみた。

アメリカのAmazonアカウントを持っていればこちらでも入手可能。

そんなわけで先日こちらの商品が届きまして、アメリカAmazonと日本Amazonとの製品の違いに気付いたので実物を写真でご紹介します。

まず一番の違いが外箱。手に持った時の重さが日本Amazonのものより軽い!

外箱を開けたら日本のAmazonで買った物にはあった金属製のケースはありませんでした。

空輸品の割りに梱包も意外と簡素な印象。

中身はこちら。

左←日本のAmazonで買った物(DW-5600E-1VER)と、右→アメリカのAmazonで買った物(DW-5600E-1VCT)を並べてみた。

双方全く同じ仕様のもの。

その時々で生産国が違うらしい。私の場合はどちらもEU製でした。

届いたものはどちらも正規品で、両方にこのような保証書が入っていました。

新しく購入した方は予備に、5年間使い続けているやつを引き続き大事に使い続けていこうと思います。

おわりに

最後に今回紹介の2商品とカシオの公式サイトを改めてご紹介しておわりにしたいと思います。

※今回ご紹介したものは並行輸入品です。時期により価格の相場が変わりますので安くなるまで待ってみるのもいいでしょう。

私が購入した時は、日本Amazonは¥4,500-。米Amazonは$43.99-でした。

よーし、これからこの時計と一緒に趣味の釣りに行ってくるぞ!

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ローリー

より良いものに包まれた、快適な暮らしづくりを目指すためのブログマガジン。モノと暮らし、ブログ運営全般の話題を扱っています。

-モノ
-, ,

© 2021 MONOQLA Powered by AFFINGER5